本日 63 人 - 昨日 106 人 - 累計 121612 人 ショッピングカート サイトマップ

治療・通院の流れ

  1. HOME >
  2. がん免疫療法に関するご相談 >
  3. 治療・通院の流れ
画像採血で細胞を採取して培養後、点滴にて治療を行います

 NKT・NK・γδ(ガンマデルタ)・キラーT細胞・樹状細胞複合免疫療法は、がん患者様の弱ったリンパ球(キラーT細胞)、NK細胞、NKT細胞の一部を採血により、体外に取り出して培養し、人工的に手を加えて細胞の力を強化し数を増やして、点滴を行い元の体内に戻して治療を行います。 点滴時間は20~30分と短く、通院による治療を行いますので、患者様に精神的、肉体的な負担も少ない治療です。