本日 7 人 - 昨日 137 人 - 累計 139399 人 ショッピングカート サイトマップ
 暑い季節になりました。こんなときに、お風呂はサッパリしていいものです。

 ところで、入浴習慣とがんの予防に関連があることを知っていますか?

 元々、我々日本人は、“風呂釜”というように、深くて狭いお釜のようなお風呂に入っていました。しかも、その温度はわりと高めです。そして、超時間お風呂にはいるのではなく、“ざっと浴びる”という諺がしめすようにあまり長いこと浴槽に入り続ける習慣はありませんでした。

 “入浴”という言葉の通り、お湯を“浴びる”ために入るのであり、体の洗浄が目的ではないことが明らかです。

 一方、西洋では浴槽には洗剤が入っており、わりと低温で体を洗うのが目的であり、お風呂に入った後は浴槽の水と石鹸は流して捨ててしまいますから、日本のように風呂に家族で入りまわす習慣はありません。あくまでも目的は“洗浄”なのです。

 ですから、半身浴の様に、下半身だけぬるま湯に入って上半身は裸身のままで、超時間お風呂に入る様な習慣はごく最近のことで、すくなくとも昭和50年以前にはそのようなことはなく、縄文時代や弥生時代から日本人は風呂釜に入っていたのです。

 そもそも、我々日本人が清潔好きで入浴好きなのにはわけがあります。それは、高温多湿な気候で汗をかくこと、そして冬は寒くて雪までふり、低温で血行がわるくなること、また農業という労働の疲労回復として、血流改善が必要なことです。

 そのためい、熱いお湯にはいり、血行を改善して、深い風呂釜にはいって重力から解放され、疲労回復をうながし、さらにまた深い風呂釜にはいるほど、深いところでの水圧で深い体内に血流を流して、さらに血行がよくなるからです。

 これらは、全てがんの予防につながります。

 先ず、前回のブログの連載でもお話した様に、がん細胞は温度に弱いのです。熱ければ熱いほどがん細胞は細胞活性が低下し、約43℃になると、がんは死滅してしまいます。がんの温熱療法はこれを用いています。ですから、ぬるい温度のお湯よりも熱いお風呂のほうが、がん細胞の駆除に関しては効率がよいのです。

 さらに、温度があがるほど白血球の免疫機能が活性化して、がん細胞の駆除に効率がよくなります。41℃くらいで免疫機能は最高になります。

 さらに、肩位まで深い風呂釜に浸かることにより、静水圧はなんと500キロにもなります。胸囲は2~3センチ、胴回りは4~5センチもひきしめられ、その分体内の深いところの血流やリンパのながれが良くなります。

 特に、座っていますから、最も下部の臓器である腎臓の働きがよくなり、尿が良く出るようになります。がんになると、腎機能が低下して浮腫むことがありますが、予防としても日本式の入浴方法は最適です。

 このように、入浴習慣はがんの予防に大切です。

 「どうせ洗うのなら、シャワーだけ」「半身浴でリラックスしているから大丈夫」

 これは、体の洗浄と、心のリラックスであり、がんの予防とは関係ありません。

 もちろん、シャワーも半身浴もそれはそれで意味があります。しかし、現在の日本の死亡率の第一位が癌であることも忘れないでください。

(吉野敏明 筆)

 免疫力である、白血球の働きは体温の高低に影響されます。これは、感染症である風邪や肺炎に罹患すると熱がでるのはその為です。つまり、発熱によって白血球の免疫力をあげ、また原因であるウィルスを排除するためです。

 ウィルスは、体温が37℃よりも高くなると増殖する速度は鈍くなり、38℃位ではほぼ増殖できません。鳥類の体温が高く、鳥インフルエンザのような特別なものを除き、ウィルスに罹患しにくいのはその為と言われています。

 風邪をひくと、体温が上がり、また食欲を抑制して免疫力をあげます。空腹の方が免疫力があがるのはその為です。夏バテで食欲がなくなるのも、全て免疫力を上げるためなのです。

 ところで、体温が低下しやすいところが体にはいくつかあります。それは体が“空洞”の場所で、空気で温度が下がりやすいところです。

 例えば、子宮や肺、胃や口腔です。また、乳房などほとんどが脂肪で脈管系(血管とリンパ管)の少ないところも温度が下がりやすいところです。

 逆に、血液が豊富な心臓や脾臓はめったにがんになりません。「心臓がん」という言葉がないのはその為です。

 ですから、我々は効果的な入浴や体温を上げる生活や食事によって、がんを予防できるのです(このシリーズ続く)。

(吉野敏明 筆)